2007年08月21日

いるかセラピー体験

私がいるかセラピーのことを知ったのは
山本文緒さんの「シュガーレス・ラブ」を読んでのことでした。


シュガーレス・ラブ/山本文緒


突発性難聴に悩む主人公が雑誌の記事で「いるか療法」のことを知り
海は遠いけれど、と水族館に通って
2匹のイルカたちを眺めるというものです。

物語はいるか達とは別に進んでいきますが
文章からにじみ出るようなコバルトブルーの海の色、
イルカ達の鳴き声、つるんとした可愛らしい姿が目に浮かび
イルカに逢いたくてたまらなくなりました。

そんな私が向かったのが、下田海中水族館。

ここでは自然の入り江をそのまま利用して、
数頭のイルカを放した「ふれあいの海」で
イルカ達と一緒にシュノーケルで泳ぐ
ドルフィンシュノーケリングを楽しむことが出来ます。

ドルフィンシュノーケリングは
シュノーケリング講習を含む初級コースと
イルカと泳ぐ時間を長く取った中級コースに分かれます。

シュノーケリングは何度か体験していたけれど
まだきちんと習ったことがなかったので
初級コースをお願いしました。

ウェットスーツやシュノーケルなどはレンタル可能。
60分みっちりとシュノーケル講習を受けた後
イルカに向って泳ぎだしました。

その日の海は濁っていて視界が悪かったけれど
イルカたちが待っていると思うと胸が弾みます。

といっても、広い海で
イルカのように自在に泳げるわけではありません。
泳ぎ回るイルカ達が、気まぐれのように水面に顔を出し
私たちのすぐ傍を通り抜けてくれます。

一度、飼育係のお姉さんがイルカを呼んで
ごろんと仰向けになった状態で
お腹を撫でさせてもらいました。

イルカと直接触れ合う時間は短かったものの
イルカ達が傍を通り抜けるたびにドキドキ・ウキウキ、
あっという間のいるかセラピー体験でした。

これで海が澄んだ日だったら
水中を泳ぐイルカたちの姿をクリアに見ることが出来ただろうし
マリンブルーがカラーセラピーにもなり
もっとヒーリング効果が高かっただろうと思います。



イルカと泳げる水族館:

 下田海中水族館

 鴨川シーワールド

 城崎マリンワールド



8月も残り2週間足らずとなりました。
夏休みの思い出作りにいかがでしょうか。

posted by アニマルセラピー at 15:16| アニマルセラピー